2011年06月07日

歯科のレントゲンはパソコンでデジタル処理されている歯科医院がおすすめです。

歯科の歯のレントゲン撮影ですが、今まではフィルムを現像するタイプしかありませんでした。
しかし、今はデジタル処理して、PCで見れるものが主流になりつつあります。
そして、レントゲンをデジタル処理している歯科医院(歯医者さん)がおすすめです。

なぜかと言うと、
最先端の技術・治療を提供しようとしている点もありますが、
レントゲン撮影による被爆も防ぐことができるからです。

フィルムタイプのレントゲンの場合は、放射線でフィルムを感光させますが、
ある程度の量の放射線をあてる必要があります。
また、フィルムの現像液が揮発しますが、体にはよくありません。

しかし、デジタル処理の場合は、少ない放射線量ですむため、
体にもやさしいといえます。(被爆量が少なくなります)

最近は、原発事故による放射線物質や放射線がさわがれていますが、
こういうものは少ないに越したことはありません。

新しい歯科医院に通おうとするなら、
電話でレントゲンは「デジタル処理ですか?フィルムですか?」と
たずねてみることをおすすめします。
posted by 歯医者のリンちゃん at 23:22| 良い歯医者の見分け方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。